自宅を事務所代わりにしていた介護士が新宿の賃貸事務所へ移転した話

今後もここを使用していきたい

都市のビル街

次に向かった家庭では、高齢の夫婦が私達を出迎えてくれました。
夫は自力で入れますが妻は1人では入浴できないので、そのお手伝いが仕事です。
駐車場が狭いので福祉車両は家の表に停めました。
妻に車椅子に乗って頂き、福祉車両内へ移動してもらいました。
あまり運動できないせいか足と手が細くなっているので、力を入れずゆっくりと擦ってあげました。
仕事を済ませると夕方になっていたので、事務所のほうへ戻り、
今日はもう終わりでいいよと言って同僚達に帰ってもらいました。
私は事務の仕事がまだ残っていたので、少し仕事をしてから家へ帰りました。
仕事が忙しかったせいか、時間が過ぎるのがあっという間だった気がします。
なので、5ヶ月が経過していたことは、業者が来るまで気がつかなかったです。
業者は、もう半年なのですがどうしますかと言っていました。
仕事が山積みなので1年間延長させて下さいと言うと、笑顔で承諾してくれました。
今後も賃貸事務所を使う予定なので、人を増やそうかなと考えています。

  1. 新宿の賃貸事務所を借りることに
  2. 同僚達も興味津々
  3. 今後もここを使用していきたい